コロナで気枯れているあなたへ。 〜現役精神科医がオススメする5つのアプローチ〜



人吉・球磨 風水・祈りの浄化町。
人吉市在住の興野先生によるアドバイス第3夜。

先生からのアドバイスの3つ目は、

「自分に合った生き方を見つける」 
です。
 「ストレスを減らすためには、自分に合った生き方を見つけることも役立ちます。
誰でも自分の得意なことや、苦手なことがあります。
得意なところを生活や仕事に活かせれば、心が生き生きしますし、苦手なことばかり求められると苦しくなります。
自分が何を得意なのかをつかめると、生きやすくなる面があります」

自分の事が一番わかりにくくないですか? 

と私の質問に、先生はわかりやすい目安を教えてくれました。

「僕の精神科の師匠は、患者さんが小さい頃にどんな遊びをしていたかを診察のなかで尋ねていました。遊びのなかにその人の強みが表れているというのです。

僕も自分の診療経験から、「子どもの頃から好きなこと」を尋ねるのが役立つと考えています。
子どもは知らないうちに自分が楽しいことを見つけているのでしょう」

確かに、子供を見てると、同じ親から生まれたのに得意なこと、好きなことバラバラですね。

コロナで外出控えている間、子供時代を振り返るのもいいかも知れませんね。 写真:三日月城の地門 新宮禅寺にある石畳。龍の背びれを表現しており、悪霊は直進しかできないためうねる事で振るい落とすという。そして曲がりくねった道は人生も表すという。

人吉球磨観光地域づくり協議会

〒868-0085 熊本県人吉市中神町字城本1348-1
TEL:0966-23-3080
(受付|9:00〜17:00 休|土日祝)