明導寺1月上旬の掲示板より

人吉・球磨 風水・祈りの浄化町にある明導寺さんからのご案内です。

明導寺さんは昨年、仏教伝道協会主催の掲示板大賞において見事「仏教伝道協会大賞」を受賞されました。

明導寺藤岡住職の解説と共に1月上旬の掲示板の言葉をご覧下さい。

<明導寺 2021年 1月上旬 掲示板の言葉>

みなさんに

明日が来ることは

奇跡です。

それを知っているだけで

日常は

幸せなことだらけで

溢れています。       『余命一ヶ月の花嫁』

10年ほど前に映画や書籍にもなった『余命一ヶ月の花嫁』。

主人公である長島千恵さんは末期の乳がんに侵され

この言葉をメッセージとして遺して

告知から一ヶ月で、いのちを終えて逝かれました。

仏教では、生まれたからには、必ずいのちを終えていかなければならないという

人生の厳しさを教えて下さいます。

普段の生活の中では、なかなか「死」に対して目が向かない私たち。

自分の「いのち」を、永遠の「いのち」のように錯覚し、

人生に終わりがあることを受け入れきれない私たちに

千恵さんは「明日が来ることは奇跡」とおっしゃっています。

また、仏教が教えて下さることの一つに「ご恩」があります。

「ご恩」は「なされたことを知る」ということであり、

何ら変わらない今日が有難いのだと教えてくださいます。

「令和二年七月豪雨」により、通常の生活ができることの有り難さを知らされました。

何も昨日と変わらない「今日」が有難いのだと気づかせて頂きました。

まだまだ復興へは道半ばであり、コロナ禍である現状は終わりが見えません。

だからこそ、今、生かされていること。

様々な方々のお陰で、今があることをしっかりと受け止めながら

「奇跡」の日々を「幸せ」を感じながら生きていきたいと思います。

昨年度の掲示板大賞受賞の言葉

人吉球磨観光地域づくり協議会

〒868-0408
熊本県球磨郡あさぎり町免田東1774番地
あさぎり町生涯学習センター 2階多目的室
TEL:0966-49-9010
(受付|9:00〜17:00 休|土日祝)