今宵は、豊穣の三日月。

変わり果てた町、
そこは生まれ育った町。

荒らされてしまった家、
そこは思い出が詰まった家。

失われた尊い命。
それは、二度と取り戻せない時間。

言葉で言い表せない悲しみ、
胸を突き刺すような苦しみ
やりきれない無力さを嘆く。


眠れない夜。

夜空には三日月。
暗闇を照らす一筋の光。

三日月は優しい光を照らしてくれる。
優しく寄り添ってくれる。

みんなが見上げる三日月は1つ。
そう、みんな同じ三日月を見ている。
ひとりぼっちでないことに気づく。

人吉球磨を1つにしてくれる三日月。
人吉球磨は三日月の町。

古えから、人々は
満ち欠けを繰り返す月に
再生の想いを託したという。


今宵は、
願いを叶えてくれる
豊穣の三日月。


もし、願いが叶うのなら、

人吉・球磨の全ての人に、

鎮魂を、

そして希望の光を。


人吉・球磨 風水・祈りの浄化町

人吉球磨観光地域づくり協議会

〒868-0085 熊本県人吉市中神町字城本1348-1
TEL:0966-23-3080
(受付|9:00〜17:00 休|土日祝)