十島菅原神社

エリア/ 東/青龍 ジャンル/ 神と仏

国指定重要文化財 。
創建は鎌倉時代の弘安年間(1278年-1288年)と伝えられている。
境内には池があり、その中に十の島が点在しており、それが地名・社名の由来となった。最も大きな島に本殿、その前面に拝殿などが配置されている。室町時代以降は相良氏から篤く崇敬され、現存の本殿は、棟木の墨書銘から安土桃山時代の天正17年(1589年)に相良長毎を施主として建てられた。

その時長毎が15歳。兄19代忠房が10歳で家督を継ぐも4年後病死によりピンチヒッター的に家督を継いで4年のことなので、この神社も父18代義陽の計画を実現させたものではないか。
コンパスで測ると三日月城の真東に位置する。

菅原道真を神として祀る神社である。
風水・陰陽五行説の見方をすると、この神社は、八卦において、震の位置に当たる。震は雷の神として存在する。雷は、古来より雷は豊作の前触れと言われており、文字は雨に田と書く。稲妻は、稲に妻と書く。
この神社を過ぎると球磨川上流に向かって、広大な田園地帯が広がっている。この人吉球磨地域は米どころで、米が豊富にあるゆえ、焼酎まで作った地域。

菅原道真と雷の関係はよく言われるが、この神社は城を悪霊・怨霊から護る役割もありながら、さらには豊作祈願の役割も担ったのではないだろうか。
現に古くより秋には五穀豊穣を願い大祭が行われている。

詳細情報

名称

十島菅原神社

読み方

としますがわらじんじゃ

住所

〒868-0095 熊本県球磨郡相良村大字柳瀬2240
三日月城から車で9分

お問い合わせ

0966-22-7757

地図アプリで見る

人吉球磨観光地域づくり協議会

〒868-0085 熊本県人吉市中神町字城本1348-1
TEL:0966-23-3080
(受付|9:00〜17:00 休|土日祝)